Sun

28

Jun

2015

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか (矢部 宏治著)

なぜ戦後70年たっても、米軍が首都圏上空を支配しているのか。
なぜ人類史上最悪の事故を起こした日本が、原発を止められないのか。
なぜ被曝した子どもたちの健康被害が、見て見ぬふりされてしまうのか。
だれもがおかしいと思いながら、止められない。
日本の戦後史に隠された「最大の秘密」とは?

http://www.shueisha-int.co.jp/pdfdata/0236/nihonhanaze.pdf


原発がやめられない、やめられないどころか輸出までしてしまう日本。

被ばくした人々に対する補償は十分ではなく、事故原発を抱える福島県は住民帰還政策が取られ、避難した住民たちを汚染地に戻すキャンペーンがはられています。

「どうしてそんなことが?」という疑問が消えない日本。その背景を学ぶ入り口となる本です。

どうぞご参考に。

最初のいくつかの章が無料で読めます。

Write a comment

Comments: 0