Three Years Later - Where are we now? あれから3年,福島の人々と子どもたち、そして私たちのいま

The Third Anniversary of Great East Earthquake/Tsunami followed by Fukushima Nuclear Power Plant Disaster Today

東日本大震災3周年:地震・津波・福島第一原発事故から3年のいま、私たちが守るべきもの

a Fukushima girl holding a paper, saying 'Please protect everyone. Please protect me."
a Fukushima girl holding a paper, saying 'Please protect everyone. Please protect me."

3.11.2011. The day changed so many people's lives forever.

For Fukushima residents and families living overseas like many of our members of WNSCR, 3.11 is a day to remember and not to remember. Mixed emotions fill our hearts. It brings us back painful memories of loss of our loved ones, damaged houses, and the list goes on. But we won't forget 3.11. We also don't want you to forget 3.11. because the problems haven't been solved at all.

 

2011年3月11日は、私たちの人生を変えました。

福島県や、海外に住む「子ども世界ネットワーク」の多くのメンバーにとって、3.11はまさに「忘れられない日」であるとともに「思い出したくない日」でもあります。複雑な思いが心をよぎります。失われた愛する人々、倒壊した家々、そのような風景が痛みを伴って思い出されます。しかし私たちは3.11を忘れません。あなたにも忘れてほしくないのです。なぜなら多くの問題は全く解決されていないからです。

 

Prime Minister Abe proudly announced that Fukushima is under way for recovery. He visits Fukushima and demonstrates to eat Fukushima food. IAEA sends the message to the world that fish caught in Fukushima is safe. The doctors, followers of Prof. Yamashita, repeatedly deny that the increasing thyroid cancer cases in Fukushima children are caused by radiation exposure from the crippled nuclear power plant. You watch a Japanese TV program and see the children of Fukushima dancing and smiling and looking healthy.

 

Is it all true?

 

安倍首相は、福島は復興に向かっていると誇らしげに伝えました。首相は福島を訪れ、地元の食材を食べるアピールをしています。IAEA(国際原子力機構)は福島沖で取れる海産物は安全であると世界に喧伝しています。山下俊一ドクター率いる多くの医師たちが、増加する福島県の小児甲状腺ガンは原発からの放射能とは関係がないと連呼しています。日本のテレビをつければ、福島の子どもたちが踊り、微笑む姿が映し出されます。彼らは健康そうに見えます。

 

しかしそれは真実でしょうか?

 

We know it's not true. Fukushima is still way out of control. That's why we want to tell you the stories about real Fukushima and the people: elderly people who can't return to their homes dying alone in the temporary housing complex, mothers and children living separately from fathers, residents suing TEPCO and the government for its accountability, radioactive soil not being decontaminated effectively, etc. 

 

私たちはそれが真実からほど遠い事を知っています。福島はコントロールなどされていません。だからこそ、私たちは本当の福島の姿とそこに住む人々のことを伝えたいのです。仮設住宅で孤独に亡くなって行く老人たち、父親と離れて暮す母親と子どもたち、東電を訴える住民たち、政府の責任、効果的に除染されない土地のこと。。。

 

a Fukushima baby's radiation level being measured
a Fukushima baby's radiation level being measured

Most of all, we want to tell you the story of Fukushima children. They are innocent. They didn't choose to be born and live in this horrible environment with constant radiation exposure. They have the right to live in a safe place just like any children in the world.

Their health is deteriorating. It is the truth no matter how some keep denying. The tiny number of smiling children we see on TV or in the newspapers don't really represent what 360,000 Fukushima children have really been going through.

 

そして何より,福島の子どもたちのことを伝えたいのです。罪のない子どもたち。彼らは日常的に放射能にさらされる過酷な状況を望んで生まれてきたわけではありません。世界の子どもたち同様、福島の子どもたちには安全な場所で生きる権利があります。彼らの健康は危機におかれています。それは違うという人々がいたとしても、それが事実なのです。私たちがテレビや新聞で見るほんの少数の子どもたちが、36万人の福島の子どもたちが経験していることを表しているわけではないのです。

 
 

Children are the future. Protecting them is in our hands. We hope our moral compass will lead us to the right direction.

 

We'll continue to strive for our mission and hope you will stay with us on our journey.

 

子どもたちは未来です。子どもたちを守るのは私たちなのです。私たち自身の中にあるモラルコンパス(倫理の羅針盤)が私たちを正しい方向に導いてくれますように。

 

「子ども世界ネットワーク」は今後もこのような使命を胸に努力していきます。どうかみなさんもわたしたちと一緒に歩んでくださるようお願いいたします。

 

Members of World Network for Saving Children from Radiation 

「放射能から子どもたちを守る世界ネットワーク」メンバーより

Please Support Us!  サポートのお願い

 

For your support from Japan/abroad, please go the page here

サポートはこちらのサイトからお願いいたします

 

Are you interested in joing our network or Volunteering for translation? Please visit here for details! 

私たちのネットワークに参加または翻訳などのボランティアに参加しませんか?詳細はこちらまで!

 

Click a photo to enlarge.

1. Evacuate Children from Fukushima Rally  2. Radiation Effects  3. Countless numbers of water tanks filled with contaminated water at Fukushima nuclear power plant 4. Radiation in the Pacific Ocean

 

Write a comment

Comments: 0