エアコン取り付けの費用を把握しておこう

家電製品の中でもエアコンの購入はかなり大きな買い物になります。本体自体の価格も高いですし取り付けにも費用がかかります。それでエアコンの交換や取り付けを考えている場合はエアコンそのものの購入費用はもちろん、取り付けや移設工事における費用も細かく計算しておく必要があるでしょう。エアコン本体の費用に関しても人によって購入時期が違うため、同じ型番の製品を購入したとしてもかなりの価格差が出てくる場合があります。基本的に言って新たな製品が発売される前には型落ちのモデルが安く得られるということが多いです。ただし新たなモデルの販売時期に関してはメーカーによって違いがあるので、エアコン業界全体が同じ時期に一斉に安売りをするというわけではありません。また取り付け工事の費用に関しても業者によって違いがありますが、そもそも提示されている基本工事にどこまでの作業内容が含まれているかをよく確認する必要があります。そのためにもインターネット上の一括見積もりサイトなどを上手に用いることがお勧めです。

エアコン取り付けにかかる基本的な費用

お財布エアコン取り付けにかかる基本的な費用ですが、取り付けるエアコンのサイズが6畳用から14畳用位までであれば相場としては1万5千円未満位が妥当な金額です。それよりも大きなサイズになってくると1万5円以上2万円未満位になってくるでしょう。さらに中古エアコンの取り付けに関しては配管パイプやドレンホース、電線等の取り付けが含まれていない形で、1万円未満の工事費用が大体の相場となっています。もちろんこうした費用の相場は業者によってかなり違いますので、正確に知るためにはきちんと見積もりを取る必要があります。上記の取り付け費用に関してはいわゆる標準工事と呼ばれるものとなっています。

それ以外に追加費用がかかる工事が色々とあります。例えば室外機をそのままベランダやお庭に設置できない場合や、エアコン専用のコンセントがなくコンセントの交換が必要な場合などです。ですからどのような場所に住んでいて、どんな場所にエアコンを設置するかによって事情が異なってきます。エアコン取り付けや交換の費用を計算する場合には、まず標準工事の費用がどれくらいか、自分がつけようとしている場所は追加工事が必要になって来るかというのを考えなければいけません。基本的に室外機の設置住居、新たな壁の穴開け、特に木材意外の壁の穴開け、さらに化粧カバーの設置に関しては追加費用がかかると認識しておきましょう。そして標準工事費用の中に真空引き作業の費用が含まれているかどうかをあらかじめチェックしておくのは良いことです

古いエアコンの取り外しにも費用がかかります

エアコン交換となるとついつい新しいエアコンの取り付けにばかり気が向いてしまいますが、既に古いエアコンが付いている場合はその取り外しに関してもしっかりと考えておく必要があります。まず古いエアコンが付いている場合はその取り外しは標準工事費用は別に取り外し費用が必要になってきます。当然古いものは取り外してくれるはずだと思い込むのは間違いです。エアコンの取り外しにも大体5千円以上の金額がかかってきます。そして取り外したエアコンをどうするかも考えておかなければなりません。

エアコンやクーラーの廃棄処分というのは家電リサイクル法の対象となっているためリサイクル費用が必要になります。この廃棄処分にどれぐらいの費用がかかるかは業者の違いだけでなく、地域の違いも関係してきますので自分が住んでいる地域においてエアコンの廃棄処分にどれだけ費用がかかるか事前に調べておきましょう。それで単純に自分の家のクーラーが壊れて新たなエアコンに買い換えるという場合、古いエアコンの取り外しと廃棄処分、新しいエアコンの購入と取り付けという段階が必要になるということになります。

エアコン交換の見積もりは一括見積もりで

古いエアコンを処分して新しいエアコンを取り付ける場合、当然すべての作業を1回で同一の業者にお願いしたいと思うはずです。家電量販店でエアコンを購入した場合はそのまま家電量販店で取り付けまで依頼するというケースが多いかもしれません。しかし最近ではネット通販などが盛んなため、ネットで安くエアコンを購入するという方もいらっしゃいます。また新たにエアコンを購入するのではなく、知人から譲り受けたエアコンを取り付けたいという方もいらっしゃるでしょう。このような場合には家電量販店に行って取り付けを依頼するのよりも、インターネットでエアコン取り付けを行う工事業者の見積もりを取るのがオススメです。

それも1つの業者のホームページを見つけて見積もりを依頼するのではなく、複数の業者の見積もりをいっぺんにとれる一括見積もりのサイトを活用すると良いでしょう。こうした一括見積もりのサイトでは、最も安い価格で工事をしてくれる業者を見つけることができますし、最短で取り付け工事が可能な業者がどこかもすぐにわかります。そして取り付け工事後の保証もしっかりしてるところが多いですし、場合によっては割引サービスなどが適用されるケースもあります。まだ新しいエアコンの購入をしていない、どこで購入するかも決めていないという場合は、先に一括見積もりサイトを見てみて相談することにより、そのサイトが扱っている安い新品エアコンを購入することも視野に入れると良いでしょう。

まとめ

エアコンの取り外しから購入、新しいエアコンの取り付けまでは手間暇がかかりますし費用もかなりかかります。とはいえ私たちの生活には欠かせないエアコンというアイテムですので、なるべく安くそして確実に取り付けをしてもらうために一括の見積もりサイトなどを上手に利用してみてください。中には個人で交換をしようと試みる方もいらっしゃいます。もともと技術や知識がある方は大丈夫かもしれませんが、経験がない場合新しいエアコンの取り付けに関しては注意が必要です。場合によってはせっかくの新しいエアコンを壊してしまう結果になりかねません。さらに真空引きなど専門的な知識や技術、工具が必要な作業も関係してきますのでできるだけ専門の業者に依頼した方が賢明でしょう。

Pocket